お茶会と桜

午前中の書道のレッスンの後、越野さんが用意して下さった美味しい

創作和食を頂きました。

アンティークのお椀には、じゃこと野沢菜のまぜご飯。

そのあと、お茶会を開きました。

形式に囚われない即興的なお茶会で、椅子とテーブルを使いました。

帛紗の使い方を練習し、お抹茶を点て、お庭の桜吹雪を眺めながらの優雅な

時間でした。(外の天気は嵐でしたが!)

今回初めて茶道体験したフランス人の方は、先生の所作をよく観察していて、

帛紗の使いかたなど、いちばん上手にこなしていました。

「書もお茶も、なんでも観察力が大事よ、ユカコ」と言っておりました。

そうですね。