パネル貼り 下準備

パネルの下準備(袋貼り)を越野さんに教えていただきました。

まず、木製パネルに透き紙という裏が緑色の厚めの紙を貼ります。

その後、石州和紙を四つに切り裂き、袋貼りしていきます。

合理的によく考えられた貼り方で、慣れれば上手にできるようになる

と思います。

そしてこれで下準備は終わりで、あとは本紙を美濃紙で裏打ちして

乾かしてから、宇田紙で再度裏打ちして乾かし、下準備したパネルに

貼って出来上がりです。

ただ、まだ本紙の書ができていません!二、三日中に仕上げる予定です。

これからDMなども作らないとですし、無事に12月6日のオープニング

が迎えられることを願います。

他には、屏風一点、全紙大のパネル一点、巻き紙の折り本など出展する

予定です。

詳細は後日、インフォメーションのところでお知らせいたします。

ぜひ、展示会にいらしていただけると嬉しいです。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。